コップに半分の水






スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


ギャルママ :: 2010/09/29(Wed)

仕事の用事で市役所に行った。
駐車場はなんとなく混んでいて、
8割くらいが埋まっていた。

玄関に近いところに車椅子マークの描いてある駐車スペースが3台分あり、
そこに車が2台とめてあった。
うち1台が、見るからに若い女の子が乗っていそうな、
キラキラした小物で内装のしてある車だった。

中に入ると、一番最初の窓口のところで、
係りの人と話をしている20代前半くらいの女性がいた。
その後ろの記述台のところで、2歳くらいの子供が1人で遊んでいた。
おそらく、その女性の子供であろう。
「もしかして、このおねーちゃんがあの車の人なんじゃ」
と思ったが、見た目がギャルっぽいからといって
偏見は良くない、と思いなおした。

自分の用事が済んで外に出たら、
さっきのギャルママが、ちょこちょこっと走ってきて、
例の車椅子マークのところにとめてある車のドアを開け、
なにやら取り出してまた走って戻っていった。
やーーーーーっぱりお前かい!!!!!!

その横を、70代後半くらいのお婆ちゃんが
遠くにとめてある自分の車に向かって
ゆっくりゆっくり歩いていたのなんて、
全然目に入ってないんだろうな。
たとえ入ったとしても、なんとも思わないんだろうな。


スポンサーサイト
  1. 日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。