コップに半分の水






スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


ある日突然奪われる日常を日常が癒していく :: 2011/09/08(Thu)

人は日常に救われる。
と思う。


たとえば、失恋した人に対して
「時間が解決してくれるよ」
なんて言葉をかけるのをテレビで見たり本で読んだりすることがある。

でも時間は具体的に問題を解決してくれるわけじゃない。
別れた恋人のところにいって「よりを戻せよ」
なんて説得してくれるはずもなく、
ただただ、流れていくだけだ。

実際には、
問題とは関係のないところで営まれている社会生活を
問題を抱えながらも送っていかなければならない。
大人は特にね。
胸がはりさけそうな悲しみの只中にいるとしても
仕事は普通にこなさなければいけない。
そうやって、普通のふりをしていると
意外と普通に話せたり笑えたりする。
自分の悲しみは、周りの人にはあんまり関係ない。
というかほとんど関係ない。
そんな何も知らない人たちとのささやかな日常会話に和まされる。
自然に笑顔や軽口が出る私はまだまだ大丈夫だ。



大人っていうのは、
大人な態度が必要なときに
ちゃんと大人のふりができるってことだと思う。


ある時のある人の言葉。
言った本人はもう忘れているらしいが
その言葉がずっとずっと私の中に残っている。
そして今の私の座右の銘のようになっている。
そんな私を、屈託のない日常が癒していく。

ような気がする。









スポンサーサイト
  1. 日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<嘘つきは泥棒の辺見マリ | top | 正夢ならず>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kingyonogosui.blog129.fc2.com/tb.php/75-55189266
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。