コップに半分の水






スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


そういえばこんな電話が :: 2012/03/18(Sun)

数日前、職場にかかってきた電話の話。

「東京の○○と申しまして、
 求人を出そうかと思っている会社なんですけれども、
 今度、失業給付の期間が延長になったと聞いたので
 その件についてお尋ねしたいんですが~」

と、女性の声で話し出した。
実際、今月上旬に、休業中の人への給付期間の期限が延期になった。
そのことを説明した。

電「なるほど~。そうなんですね~。
  そうなると、募集出してもなかなか応募しなくなっちゃいますかね~。
  仕事を探しているふりをして給付だけもらっちゃって、
  本当は仕事をする気が全然ない人とか居るっていいますよね。」

私「は?いや、それはちょっと・・・なんとも言えないのですが・・」

電「そうですか~。
  宮城県や岩手県ではどんな感じなんですか?」

私「・・・あの、この電話って取材なんですか?
  お問い合わせじゃないんですか?」

電「い、いえいえいえ、違います~。
  失業給付が延長になったら、募集を出しても応募してくれる人が
  いないのかなと思って・・それでお聞きしようと思って・・・」

私「それでしたら、仕事を探している方々はたくさんいらっしゃいますので
  どうかよろしくお願いします。」

と言って電話を切った。

なんだこの電話、と思ったのだけど、
mixiの日記に書いた福島の食品が捨てられていたというデマ記事の
検証をしてくれたももりんさんの日記の中に
いろいろ聞かれた職員が2つ3つ相槌をうったのを
膨らませて記事を書いた可能性もある、
と書かれていたのを見て、
もしかして、あれってそれだった可能性もあったのか?
と思ってしまった。

だって、色々不自然だよね。
東京の、広告関係の会社だって言っていたような気がするけど
福島を狙って求人を出そうと考えてくれてるとしたら
それは復興支援なのかもしれない。
それはありがたいことなんだけど、それならば
失業給付をもらっている人が仕事をする気がないって決め付けて
問い合わせてくるなんて、普通の思考回路じゃないと思う。
私の口から
「福島には、仕事をする気がないのに、仕事を探しているふりをして
 失業給付を受給している人がたくさんいる」
という話を引き出そうとしていたんじゃないかと勘ぐってしまう。

だとしたら、まったくもってけしからんことだ!
「福島って差別されてるよひどいねかわいそうだね」とか
「福島の人って失業給付もらって遊んでるんだよひどいね」とか
そういう記事を載せたら売れるってことなのだろうか。


この前、ちらっと眺めた週刊誌の棚のなかの1冊に
「南相馬市からの人口流出が止まらない!!
 市役所の職員がどんどん退職していく!!」
みたいなタイトルが表紙に書かれていたのを見たけど
何を言ってるんだと思った。
確かに、これから避難していく人はいる。
私の知人の職員で、退職して避難する人もいる。1人だけだけどね。

その一方で、遠方に避難している人が
逆に続々と戻ってこようとしているのも事実なのだ。
私が今回、原町の家を探すのに苦労していた日記を読めば
どれだけ、原町の賃貸物件が満杯になっているうえに
まだまだ借りようとしている人がいるのか
リアルタイムで実感してもらえると思う。
記事を見ると、人口が流出するばかりで
原町はゴーストタウンまっしぐら、みたいなことが書かれているが、
実際には、どこの賃貸物件にも空き室はないし、
大型店はそれなりにお客さんもたくさんいる。
(商店街がシャッター通りなのは震災前からのことでもある・・・)

数日前にNHKでやっていた南相馬市のドキュメンタリーも酷かった。
応援したいのか咎めたいのか意図がわからんかった。


態度の悪い、考えの浅はかな避難者が少なからずいるのは事実です。
でも、そうじゃない人のほうが圧倒的に多いんです。
私の友人たちはわかってくれているだろうけど。


なんだか、もやもやもや~~~~~とする電話の話と愚痴でした。


スポンサーサイト
  1. 日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<これからおでかけ | top | 否定すべきは「福島」ではなく>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kingyonogosui.blog129.fc2.com/tb.php/99-5b243cdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。