コップに半分の水






スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


ここまで進んだ または本日の母 :: 2012/07/22(Sun)

「っていうか、まーだ終わってなかったんかい!!」

と突っ込まれそうですが、
薪切りがようやく一区切りしました。

今まで、手が痛かったり、暑かったり雨だったり、
正直面倒くさくて2週間くらい放置していたりで
ちびりちびりとしか進んでいなかった。
今朝の時点でこのくらい。

120722_1202~01


途中経過。

120722_1321~01



そして、2時間後。

120722_1339~01



あとは、残った長めの材木を車から降ろして
適当な長さに切って終わり。
これでようやく軽トラに乗れる!
せっかく、保険の件ですったもんだして
元の等級でかけ続けられることになったのに
そこから一度も乗っていなかったのだ。
(昨日、バッテリー上がり防止のため一度エンジンをかけた)

寒いくらいの気温の中、
汗を流して木屑まみれになって
もうこりゃお昼ご飯は肉焼いてビールだ!!!
と途中からそれを励みにがんばってきた。
上の写真まで進んだ段階でいったん止めて
買い物に行ってきた。味つき肉(焼くだけ)と生春巻き(お惣菜)を
買って、「肉、肉、肉~♪」と帰ってきたら
入り口のところに見慣れない車が。

電気屋さんだった。

先日新しく取り付けてもらったエアコンの本体が
初期不良で交換することになっていたのだ。
20日に来ると聞いていたのだけど当日は何の連絡もなく来なかった。
ここ3日くらい20℃に届かない気温だったから
特に不便はなかったのだけど。

だからってよりによって今日、今来なくたって~~~~。
これからせっかくお肉を焼こうと思ってたのに~~~。
せめて、今日のこの時間に来るって連絡くらいしてよ~~~~~。

が、せっかく来てくれたのに追い返すわけにもいかず、
お昼ごはんはガマンして施工してもらった。

夕方4時、ようやく完了し、電気屋さんが帰っていった。
さぁお肉!!ビール!!
と思ったところに電話が鳴った。会合に出かけている母からだった。

「もしもしー、お母さんだけどー、
 お母さん今朝車で来たのに、忘れてビール飲んじゃったー。
 車はベニマルにおいてあるんだけど、
 代行で帰るって言ったら○○さんが乗せていってくれるっていうんだー。
 だから乗せてもらって帰るから、2時間くらいしたら
 酔いもさめるだろうから一緒に取りに行ってー」


えええええええええええええええええええええええええ

それじゃまた飲めないじゃん・・・・
それに、2時間たったらさめるからって、
それゼッタイにまだ酒気帯びじゃないか!!
母ちゃん、消防関係の集まりに出かけていったのに
万が一酒気帯びでつかまったりしたら
消防の人みーんなに迷惑かかるかもしれないじゃん!!
つーか、車で行ったの忘れないでしょ普通!!!

「・・・・はい、わかりました。
 車は私が自転車で行って持って来ます。
 自転車なら一晩くらい置いといても大丈夫でしょう」

了承はしたものの、かなり機嫌は悪かった私(空腹だから余計に)

機嫌よく帰ってきた母から車のカギを受け取り、
自転車で約4キロほどの道のりをこいで、車を取ってきたのが5時前。

もう、無言で肉焼いて酒飲んだった。

腹が満ちたら機嫌も良くなって、母とも和解しました(笑)



チェーンソー振り回したし、
自転車もこいだから、
お肉のカロリーくらい大丈夫だよね。ね。

ね。

  1. 日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0


カントリーライフ :: 2012/06/25(Mon)

風呂を焚く薪が底を尽きたので
材木屋から買ってきた。

140665030_v1340617340.jpg



軽トラいっぱいで、1000円。
ちなみに配達してもらったら3000円。

割って束になっている薪を買うと
きっと一束数百円すると思うので
この量で1000円ならこっちのほうが。
ただ、これをバラして車からおろすのが至難の業だ。

倉庫にあった大家さんのチェーンソー(自由に使っていいといわれている)を
引っ張り出してきて、
とりあえず端の30センチくらいだけでも先に切り落とそうとがんばった。
途中、チェーンがはずれて直すのに2、30分かかったせいもあり
2時間くらいかかってしもうた。あー疲れた。


赤毛のアンとか大草原の小さな家の世界にあこがれている人は多いと思う。
あんな生活してみたい!みたいな。

でもね、実際は大変だよね。
あの生活って、カントリーテイストの服とインテリアに囲まれて
手作りのクッキーを食べりゃいいってもんじゃない。
クッキー焼くのもお茶のお湯を沸かすのも
まずは薪の用意からだ。
ほっこりカントリーに浸って勘違いしている人たちは
まず薪割りしろ!話はそれからだ!

というようなことを考えながら腕を動かしていた。
それを言うならあの時代にチェーンソーだってなかったでしょ
と自分にツッコミを入れながら。

とりあえず、当分の間、薪の心配はなくなった。

が、早くこれをバラさないと軽トラに乗れない、
という新たな案件が発生している。
こんなん、買ってきちゃってよかったんだろうか。
私、自分の手におえないものに手をだしてしまったのではないだろうか。
まぁ、買ってしまったからには使わないといけないし、
軽トラが使えないのは不便だし
がんばってコツコツやらねばね。



  1. 日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0


DNAは嘘つかない :: 2012/06/02(Sat)

いつも母が、
家でごろごろしているときに
暑くなると靴下を片方だけ脱いだり
ズボンのすそを片方だけ捲り上げたりしているのを
なんで両方やらないんだろ、へんな癖だなと
思って見ていたのだが
たった今、自分も同じ状態であることに気づいて軽くショック。
靴下、片方履いていることに気づいていなかったのがショック。




  1. 日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0


嬉しい再開と残念な雑談 :: 2012/06/02(Sat)

福島で仕事の講習会があって出かけてきた。
4時半までの予定が4時に終わったので、
3月までお世話になっていた職場に顔を出しに行った。
金曜日の夕方は比較的手があきやすい時間帯だし。

何の連絡もなしに突然行ったので
みんなすごく驚いていたが(驚かせようと思って行ったんだもーん)
でも喜んでくれてよかったよかった。
しかも、
「ああ、とらさーん、ちょうどよかった、
 これってどうなってるんでしたっけー?」
と、普通に仕事の話されたしwww
調査官のボスもいて、私の顔を見て
「おお!いらっしゃい!
 よかった、ちょっと手伝ってってくんない?
 仕事いっぱいあるんだけど!」
まぁこれは冗談なんだけど(案外本気だったりして)


ちょうどお客さんが誰もいなかったので
ひとしきり雑談をしてたら5時すぎた。
そんで、同日入社した2人と
仕事後、お茶をしに行った。
うち1人(あーさん)は、私がやめたあと
隣の課から私のいた課に移ってきた。
新しい仕事になかなか慣れなくて奮闘している。

いろいろと話を聞いて、おどろいた。
あの課は、3月までと4月からと、
ずいぶんとパートさんたちの様子が変わってしまっているみたいだ。
(顔ぶれはほとんど変わってないのだが)
というか、もしかしたら何も変わっていないのかもしれないのだけど、
私が持っていた印象と、あーさんが持っている印象が
まったく違うものであることにびっくり。

まぁ、こういうことは1人だけから話を聞いても
わからない部分は多いんだけどね(と、あーさん本人も言っていた)
ただ、あーさんは無いことまで誇張して言う人ではないので
彼女にとっては全て自分の目で見て感じた事実なのだ。

なんだかもう、びっくりするやらがっかりするやら。

話を聞いた帰り道は、
こりゃ、他の人とも飲みにでも行って、
(あーさんの話は伏せながらも)課がどんな雰囲気か
いろいろ聞いてみなくちゃ!
と思いながら運転していたのだが

冷静に考えてみると、
私が首をつっこんでどうこうする話じゃないよね。
私がすべきことは「ほっておくこと」だ。


ショックだったのは、私が信頼していた人が
他の課の人から
「彼女、ものの言い方がきついでしょう。
 前に、彼女と合わないからって辞めちゃったパートさんも
 何人かいたんだよ。私もずいぶん、嫌味なこと言われたよ」
と言われていたこと。
もっとも、その本人は、その他の課の人のことを
「悪い人じゃないけど、スピーカーだから
 あんまり気を許して色んなことを話さないほうがいい、
 ぽろっと喋っちゃうとあっという間に広がっちゃうから」
と言っていたのだけど。

あああああ、こういうのがいわゆる「女の世界」というやつなのか。
そういうのが(たとえ在ったとしても)あまり表面化せずに
仕事に集中できたがのがうちの課のいいところだと思っていたのに。
そういえば
「本当は結構どろどろなのよ」
と言われたこともあったけど、私は感じてなかったから
それでいいやと思っていた。
私がにぶすぎなのか。
というか、人を見る目がなさすぎなのか。
あの人のものの言い方がきついなんて、一度も思ったことなかった。
(たぶん私のほうがそれ以上にきついし)


まぁ、こんなことってどこの職場にも普通にあるんだろうね。
これだけ人数(しかも女子率80%)の居る職場で
何も摩擦がないって言ったらウソだわな。

よみがえる、友人のご主人の名言。
結婚後しばらくして、何年かぶりにパートに出た友人が、
「職場の人間関係に問題がありすぎて疲れる」と愚痴ったら

「人間関係に問題があるのが社会なんだ」

と言ったという。

私は、もっと、観察力が必要なのだなぁ。
でも、見なくていい部分は見なくてもいいよね?
(ただ、そのせいで空気を読めずに妙な言動をとったらまずいこともあるよな)




  1. 日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0


これからおでかけ :: 2012/03/31(Sat)

昨日で仕事の期間満了。
後半はストレスを感じたこともあったけど
いい職場だった。楽しかった。

私は「みなさんでどうぞ」的に菓子折りを持って行っただけなのに
何人かから個別にプレゼントを頂いてしまってあわわわわわ。
調査官のボスからまで
「普通はしないんだけど、今回辞める人には渡すことにしたから・・・
 少しだけなんだけど・・・」
とお餞別を頂いてしまった。
ボス、同じ課の人が産休に入るときにお祝いを集めようとしたら
「俺はいいです」
と言ってお金を出さなかったことがあると聞いた。
そんな人からお餞別を頂いていいんだろうか。
そんなに役に立ったとは思えないんだけど、
ボスがそう思ってくれたのならありがたいことだ。

みんなに「引越しはいつなの?」と聞かれたけど
実はまだ決まっていないのです。
借上げ住宅にしてもらうための書類を
不動産屋さんに渡してから
連絡きてないし、私も連絡していないので
いつカギを受け取れるのかもわからん。
私から連絡したほうがいいよね。
ガスの取り付けもしないといけないんだし。


で、今日はこれから、米沢の知人に会いに行ってきます。
以前、仕事でお世話になった人。
1人で行く予定だったけど
強風が何よりも苦手な母が
「1人で留守番するの怖い」
と言うので、ホテルをシングルからツインに変更してもらって
一緒に行くことにしました。
そしたら、朝から
「こんな天気が悪くなる日に出かけるなんて」
「片付けなさい、いっつも散らかしっぱなしで」
と、ブツブツと文句ばかり言っていた母の機嫌が
ころっとよくなりました。さびしかったんだね。

実は先週も行ってきた米沢。
前回は、米沢に避難している友人に会いに行ってきた。
庭に、屋根からおろした雪が1mも積もっていた。
あっちはまだまだ冬だよね。

ということで、3時過ぎに出発の予定。
いってきますーノシ



  1. 日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。